カテゴリ:食べ歩き・試飲会 > 和食・鮨・居酒屋

一流の鮨店がしのぎを削る銀座にも、ついに女性の時代が到来しました!

名店 「新ばし しみづ」で長年修行されていた竹内さんという女性が、今年6月に独立オープンした「鮨竹」です。

まだオープンして間もない微妙な時期ではありましたが、居ても立ってもいられず、今月初めに行って参りました。今まで経験したことのないドキドキ感を胸に。

 店内に足を踏み入れて、とにかく新鮮だったのは、三蔵法師のように頭を丸めた竹内さんもそうですが、他所の鮨屋にはない、なんとも言えない穏やかで優しい時間が流れていたこと。お弟子さんを雇い、男勝りに仕事をされていても、やはり女性の店なのです。それが何より衝撃でしたし、むしろこういう鮨屋を好む客も多いだろうと思いました。1000円ランチ激戦区であり、高級クラブやブランドショップが軒を連ねる、文化のるつぼ銀座なのですから。

というわけで、おまかせコースをいただくことに。

DSC00660

つまみは、歯ごたえが残る、爽やかな水ナスの浅漬けから始まり・・・

厚めの真子鰈、大きめのタコに続いて、口いっぱいの厚さに切られたゴロンと豪快なアワビなど、「しみづ」によく似ています。鰹は薬味と醤油を和えた葱を乗せていただく。
DSC00662


肉厚なとり貝、素晴らしい。夏に味わう冷たい貝の旨さをしみじみ。醤油をつけて炙った平貝と続く。

DSC00663

さて、いよいよ握り。

酢飯は赤酢の色がよく出てますが、「しみづ」ほどの強さは感じません。塩でしょうか。口の中でほどけるやや硬めの米粒。これには赤身と中トロがよく合います。

かなり強めに〆てあるキスと鰯。よく肥えた鰯の方が向いていたかな。
カスゴ旨い。

DSC00668

三枚、新子の季節

DSC00667

イカ、鯵、海老、二種類の雲丹を山盛りにした軍艦の後は、穴子。全体的に握りがやや大きめなので、お腹いっぱいになりました。

DSC00671

「しみづ」から受け継いだものを感じたり、生みの苦しみのようなものも少し感じたり。まだまだこれから試行錯誤されていくのでしょうね。是非是非頑張っていただき、竹内さんの後に続く、女鮨職人がもっと増えたらいいなと思います。 あと、女は愛嬌なんてことはけして申しませんが、もう少し竹内さんの笑顔があればなぁ、お客はきっと見たいはずなんです。スマイル0円。


鮨竹
TEL 03-6228-5007
東京都中央区銀座7-6-5 石井紀州屋ビル 4F
 

今、我が家は超バタバタしておりまして、ウクレレ弾き忘れた!なんて日もあるほどでして。詳細は9月に書きますが、しばらく更新が不定期になるかもしれません。宜しくお願いします。

さて、今月行って良かった和食店3軒を画像メインでさらりとご紹介します。


どう見てもまだまだ長生きすると思われるゴルフ焼けのオジサマに「人生残り少ないから、旨いもん食わせて」と、すごい重圧をかけられ、悩んだ挙句向かったのがこちら、西麻布にある超お気に入りの「霞町 すゑとみ」。

ご主人がお弟子さんに厳しくて、ピリピリした空気がやや気になりますが、数年ご無沙汰したのが悔やまれたほど、また一段と料理が冴え渡っていました。最近、ワインの対談などもされてる著名人Nさんが隣にいらっしゃったので、写真は最初の一枚だけ。刺身、お椀もさることながら、稚鮎の唐揚げ、揚げ賀茂茄子の煮浸し、ノドグロの幽庵焼きと、まるで素材が命を吹き返したようなひと皿ひと皿。今の時期、あちこちでノドグロ食べていますが、ここのがダントツでしたわ。フワフワのほろほろのぷるんぷるん。

DSC00501

霞町 すゑとみ (かすみちょう すえとみ)
TEL 03-5466-1270
東京都港区西麻布4-2-13 八幡ビル 3F


舌肥えすぎのゴルフ焼けオジサマではなく、身内や女友達を連れて行くならここなどお薦め。渋谷界隈にろくな和食店がないな~と探していて、偶然みつけた若手料理人の代々木公園「礼讃(らいさん)」。刺身とお椀は正直、発展途上といった感はありますが、コース全体を通して大変満足度が高く、居心地抜群。恰幅のいい男性は座れない6席のカウンターと4人掛けテーブル1卓の小さな和食店です。

DSC00629

DSC00634

TEL 03-6416-8474
東京都渋谷区代々木5-9-9 カーサブリランテ代々木公園 1F


他の人のブログの画像を見て「間違いない!」と思い、衝動的に向かったのが、ここ南麻布「旬水」。割烹や焼き鳥屋など、豊富な経験を持つ店主のツマミはどれも食いしん坊の急所をつくもので、すべて日替りで提供される。特筆すべきは日本酒の品揃えで、「裏ラベル」を取り揃えたり、梅乃宿酒造(奈良県)の「雫」など、ここでしか飲めない銘柄も。辺鄙な場所だけど、あなたはきっとまたすぐ来たくな~る。
DSC00641

DSC00643

DSC00644

DSC00647

DSC00649

地酒 旬水
東京都港区南麻布1-6-31南麻布ビル1F
TEL 03-3452-3933
 

 

今朝のアメリカVSポルトガル戦すごかったですね~。アメリカが執念で逆転を決めたのに、試合終了間際でポルトガルがまさかの同点ゴールで場内唖然。G組ヤバいですね、目が離せません。

さて、前回の白金台「ルカンケ」で思い出しましたが、私のチャリパトロール圏内にも充実の5千円コースを提供してくれる和食店があります。池尻大橋駅から徒歩すぐの「おぐら家」です。

最初に出された土佐酢ジュレ仕立ての先付を、どっかで食べた味だぞと思っていたら、「うちは魚介を徳島から仕入れています」というご主人の一言でピン!「青柳のご出身ですか?」と聞くと「はい、自分以外はみんな星とってますけどね」と笑いながら答えてくださった。

DSC00230-001

先月伺った時の「初鰹のタタキ(藁焼き)」は素晴らしかった。東京でこんな鰹のタタキが食べれるとはねぇ。和食をよく食べ歩いている知人が、「東京の一万円関西割烹について言えば、結局本場には敵わない」と結論づけていまして、私も異論なしでしたが、この店はやってくれます。

DSC00233-001

ご主人の生まれは山梨県だそうで、甲州ワインが充実(10種類)。日本酒がこれまたセンスいいんだ。コースが終わってもまだ日本酒を楽しんでいたら、関西人が泣いて喜ぶツマミをさりげなく出してくれ感激。

茄子とにしんの炊合せ

DSC00240-001

初夏のコースを楽しみに今月も伺ったところ、しょっぱなに出てきた長芋の「おぐら家コロッケ」で意表をつかれました。ラベル同様、味も色気ムンムンの秋田「花邑」純米酒と好相性。さすが十四代の弟子。

2014-06-21

真子鰈の刺身は今日入荷、一週間熟成、昆布締めの三種盛り合わせで。刺身に「東北泉」を合わせるのが今お気に入り。

鱧の出汁のお椀も繊細。

DSC00486-001

「栃木 那珂川の天然鮎」にはビールが合うと添えてくれたり。苔を食べる天然の鮎は口が大きいのが特徴。よく釣りに連れてってくれた従兄弟の兄ちゃんが言ってたっけ。

DSC00487-001

「鮑、蛸、茄子、里芋の冷たい炊合せ」には、ふくよかで適度なキレのある広島「加茂金秀」の辛口夏純米が格別。

DSC00488-001

「和牛カイノミのタタキ」の後は、

DSC00489-001

「コーンとイカの炊き込みご飯」。前回の「鯛めし」も良かった。

DSC00490-001

「日向夏のシャーベットと青梅」にいたるまで奥ゆかしく涼を感じる和食。一品料理も気になるし、また来月も行こうっと。

旬菜 おぐら家
TEL 03-3413-5520
東京都世田谷区池尻2-30-13 ケイビル1階





 

ウクレレの練習に熱が入り過ぎ、ついに人差し指が腱鞘炎になってしまいました。何かと怪我の絶えない人生。ちなみに、いつぞやのガラスの切りキズは、小林製薬「アットノン」を塗り続け、ほぼ目立たなくなりました。恥ずかしい過去もアットノンで消せたらいいのですが。

慢性化しないよう四日ほどウクレレを断ち、仕方なくウロチョロ外出する日々。ある日友人と銀座でランチしようということになり、気になっていた「鮨 太一」に行ってきました。

外堀通りから一本入った路地裏に、真昼間でも見逃しそうなほどひっそり隠れています。店主の目配りが隅々まで行き届いた8席の小綺麗な店内には、女性一人客の姿もありました。

鮨ランチを体験するのは「水谷」「さいとう」に次いで三軒目。「太一」のランチはなんと2500円からと手頃。私たちは11貫5000円のコースを日本酒2合と共に、一時間ほどゆっくり堪能しました。

2014-06-05

真子鰈
中トロ

小肌
ヅケ
鳥貝


穴子
車海老
雲丹の巻物
玉子

芯を少し残したシャリは、赤酢を効かせながら、酸味と塩気がまろやかで良い塩梅。ねっとりとした真子鰈、肉厚新鮮な鳥貝、滑らかな艶肌の鰹と、素晴らしい目利きの旬に感動。小肌とヅケもシャリとの一体感が見事。なかでも特に感動したのが、私が本来あまり得意でない、蛤、穴子、玉子でした。

東京に住んで約20年、鮨、蕎麦、天ぷらと、江戸の味にどっぷり染まった私ですが、砂糖の食文化だけは未だに馴染めずにいて、蕎麦屋でも玉子焼きはワガママを言って特注してもらったり、いつも迷惑をかけています。

ここの蛤は甘く煮付けておらず、絶妙に火通した、ふんわり柔らかな蛤を、さっぱり塩で食べさせます。九州産の穴子も最小限のツメが利いて軽やかでいい。素材の味を前面に甘さを控えた硬めの玉子は賛否分かれると思いますが、私は一口食べて気に入り、「お酒が相当お好きなのでは?」と思わずご主人に訊くと、「はい、大好きです。うちは酒飲みのためにあるような鮨屋で、ツマミが自慢です」と。

やはり。白隠正宗 誉富士純米酒とか、お酒のセンスも良いはずだわ。

ご主人は男前ですが、無神経な客には厳しそうな強面の職人さんで、最初は正直ビビります。けれど、二言、三言交わすうちに、気概と男気ある人柄、お弟子さんへの厳しくも深い親心がひしひしと伝わり、おまけに酒飲みときた。ついに見つけたかも、自分の求めていた鮨屋。夜の再訪が楽しみでなりません。
※文末にオマケあり。

鮨 太一 
TEL 03-3573-7222
東京都中央区銀座6-4-13 浅黄ビル2F

<オマケ>
こんなに酒飲みじゃなかった20代の頃によく行った、有楽町・交通会館の地下にある甘味処「おかめ」に、久々にふらっと一人で寄ってみた。金時豆を使った名物「蔵王あんみつ」を注文。何年経っても変わらぬ美味しさに感動したけれど、半分でギブアップ。やっぱりお酒で糖分を摂取した日はよくばっちゃいけませんね。銀ブラに疲れた時は是非どうぞ。ちなみに銀ブラは、「銀座でブラジルコーヒーを飲む」のが本当の語源らしいですね、ビックリ。

DSC00393-001









 

そろそろワインのことを書かなくてはと思いながら、また今日も日本酒ネタです。

ついに中目黒にも日本酒の優良店がやってきました。五反田で人気の日本酒バル「和酒バール AGI」の2号店「酒人(さかと) あぎ」です。山手通り沿い、「イル・ルポーネ」の近くに今年3月オープン。

DSC00255

黒壁と白木を基調とした小さな店内は、居酒屋なのだけれど、どこか粛々とした厳かな空気を感じるのは、オーナーの蔵元に対する敬意の表れなのでしょうか。狭いけど落ち着けます。

DSC00256-001

ここでは46の酒蔵、約90銘柄の日本酒が半合(90ml)400~600円中心で提供されます。仕込水もあり。

DSC00264-001

近頃、種類豊富に日本酒を飲ませる店が急増してますが、本当に美味しく飲ませてくれる店はそう多くないと感じています。先日の赤〇と違って、ここは品質管理が万全。二人で注文した8銘柄すべて満足いくものでした。それに輪をかけて、“飲まし手”山本さんのサービスが素晴らしい。

DSC00267-001

いろいろ飲むけど、やっぱ純米が好き。
DSC00261-001

かなり塩分強い物もありますが、料理は居酒屋の域を超えています。
「もろこし饅頭」

DSC00271-001

大きなお世話ですが「海苔の香るポテトサラダ」を注文したら「酒盗」も注文して一緒に召し上がれ。

DSC00263-001

巻物に至るまで飲ませ上手。予約取れなくなること間違いなし。

DSC00269-001

私も厳かにヒョウ柄で。

DSC00260-002

酒人 あぎ
東京都目黒区中目黒2-10-16 中目黒ウィングビル1F
03-6451-2969

三軒茶屋「赤鬼」

珍しく10歳下の男子と飲むことになり、ちょっと大人ぶって日本酒専門のシブい居酒屋へ連れて行った。ここは100種類以上の日本酒を取り揃える名店で、予約を取るのに一苦労。料理は正直普通ですが、珍味が充実しているので酒飲みには十分。

で、来てみてビックリ。ここの日本酒リストは生酒が主体だった。フルーティーで甘い香りの生酒はあまり得意でない私、アルコール度数高い原酒も最近は水割り・お湯割り、ロックで飲むことを覚えた。「遊穂」や「臥龍梅」など、中には好きなのもあるのだけど…。

伊達マスクをして屁理屈をいうおばちゃん一人を除けば、サービスも良く陽気な居酒屋。私も伊達マスクしたら強くなれそうな気がした。

ここでしか飲めない十四代のレアもの多数。しかも安い。最後は貴醸酒で締めた。

DSC09993

赤鬼
東京都世田谷区三軒茶屋2-15-3
TEL 03-3410-9918



三宿「金多楼 (きんたろう)」

池尻大橋駅から徒歩10分の住宅地にひっそり佇む、親子で握る小さな鮨屋。質の良いツマミと握りを良心的価格で提供する。一見客には若干落ち着かない昔カタギな大将も、鮨を握る頃には気さくな人柄が見えてきて、また次も大事に通ってみたくなる。誤って画像を削除したけれど、おぼろをかませた小肌が絶品。

金多楼 (きんたろう)
TEL 03-3413-4339
東京都世田谷区三宿2-11-35 

↑このページのトップヘ