カテゴリ:食べ歩き・試飲会 > ワイン試飲レポート

今日から久々に東京行くんですが、その前に昨夜のワイン会レポートを。

ワインと料理の相性にうるさい人なら、絶対に行くべき店が大阪にあります。大阪では超有名ですが、東京では知らない方も多いのでご紹介します。日本ソムリエ協会副会長であり、大阪府知事より"なにわの名工"を授与されたマスターソムリエ・樋口 誠さんのワインバー「そむりえ亭」です。
 続きを読む

連休だった先週末、世界各地から500のブランドを集めた業界関係者対象の見本市『ヴィネクスポ・ニッポン』がザ・プリンス・パークタワー東京で開催されたので、初日に行ってきました。

unnamed (6)


ワイン愛好家のためにエノテカと伊勢丹でも催しがあり、夜はガラディナーやグラン・ヴァンのチャリティー・オークションも開催されたようです。

身に着けたいほど美しいシャトー・デスクランのロゼ。もう少し安ければねぇ・・・。
unnamed (10)


ネルトのシャトー・ヌフ・デュ・パプ キュヴェ・カデットは好きなワインで、2009は意外にも、赤系果実を感じとれるエレガントな出来。複雑、エキゾチックでスモーキー、今からでも十分楽しめます。

コマーシャル・ディレクターのクリストフ・ブリスティエル氏と。

unnamed (1)


ドウロ・ボーイズの一人「キンタ・ド・ヴァレ・メアン」のモダンなトゥーリガ・ナショナルにうっとり(真ん中)。

unnamed (7)


サルディーニャの「CALASETTA」も面白い。どれもカリニャーノ100%なのに、全くスタイルの違う4タイプのワイン。一番個性的なTupeiが気に入りました。

unnamed (9)


ドイツのブースでは赤も素晴らしかったのですが、一番目を引いたのは「フックス醸造所」のシャルドネ中辛口(アルコール12%, 残留糖度11.7%, 酸度9g/l )。これが家の冷蔵庫にあったら夕食がどんなに楽しいことか!

image


シャトー・クーティネルのフロントン(ネグレット100%)も食事向きですよ。焼いた肉が欲しくなる、甘く豊富なタンニン分。

unnamed (3)


ヤラ・イエリングはボルドーブレンドが秀逸ですが、ピノもすごいんですね。アニスが香る滑らかな口当たりはエロくて、濃いですが染み入るような深みもありインパクト大。

unnamed (2)


この日出ていたブルゴーニュより良かったのが「ソラリス 信州シャルドネ・マセラシオン・リミテ 2010」3,500円。この格上の「信州シャルドネ 樽仕込2013」は、若いエールダルジャンのように樽香が支配的で、むしろステンレスで醸造するこのワインの方がフレッシュでいい。赤のユヴェンタも素晴らしい。

image


ラギオールのダブルアクション(試作品)。商品化してほしいですね。

unnamed (4)


お気に入り「マイィ」のブラン・ド・ノワールにもご挨拶。最高級レンジの「レ・エシャンソン2004」はヴィンテージを疑ってしまう複雑味とスケール。「キュベ・ラントンポレル2008」はコクをしっかり備えながら、グラスから弾け出す華やかなトロピカルフルーツに、思わずジャン・フランソワ・プレオ社長と握手。

Pictures-001


その後、大阪行きの新幹線に乗り込み、一週間の東京滞在は慌ただしく過ぎ去ったのでした。






五反田「ボノミー」が閉店してしまた今、お気に入りのビストロといえば、やはり東銀座「ビストロ ヴィヴィエンヌ」でしょうか。

ワイン好きなら瞳孔が開くであろう充実のワインリストと、良心的な値付け、みんなでワイワイ突っつきたくなる料理と居心地の良さ。そんな夢のようなビストロのオーナー兼ソムリエールである斉藤順子さんの詳細は、こちらの記事をどうぞ。

料理はこんな感じ、ワインも木村もススムくん
イワシのマリネ

DSC00738

鮎のコンフィ

DSC00739

トリッパの煮込み

DSC00745

バベットステーキ

DSC00749

この日はお店に持ち込ませてもらってのワイン会だったんですが、モーリス・ヴェッセル グランクリュ2000の熟成シャンパーニュに始まり、ローヌ池田氏のこれまた豪勢なエルミタージュたちに酔いしれました。

DSC00747

その中でも、私を虜にしたのがこの白ワインでした。

Clos de la Coulee de Serrant
クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン 2001 二コラ・ジョリー
(AOC : サヴニエール・クレ・ド・セラン 品種 : シュナン・ブラン)

DSC00742

ご存知、ヴィオディナミの第一人者二コラ・ジョリーが単独所有する畑で、フランスの五大白ワインに数えられるワイン。10年ぐらい熟成していても、抜栓して飲めるまで数日かかるちょっと厄介なワイン。過去に飲んで、その度にポテンシャルはビンビン感じていたけれど、ここまで熟成により開き切った様を見たのは初めて。熟成の早いヴィンテージだからでしょう。

それで肝心のテイスティングコメントなのですが・・・
もっと真面目にやらんかい、と怒られそうなんですが・・・

香り、味、質感、すべてにおいて「ところてん」なのです。とぅるんとぅるんの、それはもう艶めかしい黄金色の「ところてん」。

時間が経つにつれて、勿論変化してきましたよ。「海苔をかけたところてん」に・・・。

いやだから大真面目なんですってば。でもね、一時間ぐらいグラスをもてあそんでいたら、流石にガラリと変わってきましたよ。

「醤油と海苔をかけたところてん」に・・・。

ブログじゃなかったらパンチ食らってるでしょうね。でもマジなんです。

「何これ!?めっちゃトコロテンやん!」と小一時間ぐらい呟いていたら、このワインを提供してくれた方が、

「ははは、本当にトコロテンですねぇ(笑) あ、でも燕の巣もあるかなぁ」と。

なんと!私の辞書に燕の巣はなかった、残念!コメントは気を付けないとお里が知れますわよ奥さん。

いやぁそれにしてもクーレ・ド・セランはやはり凄かった、唯一無二のテロワール。


この日はラッキーなことにもう一本、モヤモヤしていた霧が晴れる素晴らしい体験をしました。

ゲヴェルツトラミネール マンブール 2009 マルク・テンペ(サイン入り)

DSC00750

アルザスのグランクリュ「マンブール」は、今までピノ系を飲んでもリースリングを飲んでも、いまいちピンと来ませんでしたが、これを飲んで腑に落ちました。グラで酸の弱いゲヴェルツに見事な骨格が備わり、なんとリッチな味わいなのでしょう。品種とテロワールの見事な相互補完関係がここにありました。

こんなセンスのいい先輩方に、今まで沢山のワインを教えていただきました。去るとなると、東京が愛おしくて仕方ない今日この頃。

といっても、毎月上京しますけどね(笑)


 

先日のビアガーデンの記事でもご紹介した、東京大学駒場構内にある「ルヴェソンヴェール駒場」で、ワインブティック・ラターシュ 岩田先生のワイン会が開催されたので参加してきました。

DSC00691-002


この店の一階はウエディングも出来る広いダイニングルームですが、 二階はこんな素敵なパーティールームになっているんですよ。

DSC00672

岩田先生の会はいつもぶっ飛んでますが、今回も刺激的。なんとジェロボアム(3リットル)が3本!
・エルミタージュ・ブラン・シャンタルエット 1996 シャプティエ
・ジャクソン・キュヴェ 729
・シャトー・ペイラボン 1981

DSC00701

皆さん絶賛されていたようにジャクソンも本当に素晴らしかったのですが、私はとにかくシャンタルエットに釘付けでした。

シャンタルエットは、シャプティエ家の友人で盲目のシャンソン歌手が愛したワインとして知られ、ラベルに点字を採用するきっかけとなったワイン。品種はマルサンヌ。

マルサンヌは瓶詰めされてから飲み頃がとても難しい。起きたかと思えば、眠りに入ったり。このジェロボアムのシャンタルエット1996は18年の熟成から目覚め、眩しそうにゆっくりと手足を広げだし、杯を重ねるごとにみずみずしい輝きを見せてくれました。

ドライアプリコット、白い花、白いスパイス、ほんのかすかに白檀・・・・

酸がとても穏やかで、じんわりと染み入る熟成の旨味。酸化のニュアンスも全くない。

まるでコンソメゼリーを思わせる、このまろやかな味わいが、繊細な野菜の甘味を優しく絶妙に引き立ててくれます。穏やかな酸味に加え、MLFしないマルサンヌはあらゆる魚介に万能なので、鮨屋でも重宝します。

多彩な食材に呼応し、ワインの味わいが七変化。こんなにマリアージュが楽しいワインはちょっと他に見当らない!

オマール海老
穴子の炙りと胡瓜のジュレ 山椒風味
鮎と枇杷 ほおずき 肝のヴィネグレットで
賀茂茄子のロティと炙った鰯 赤ピーマンとトマトのクーリ
京野菜のマリネ
グルヌイユのムニエル サラダ仕立て
マゴガレイのエスカベッシュ
岩ガキのグラチネ ジャガイモのテリーヌ
フォアグラのフランと白桃のクーリ
イタリア産ウサギのパテ フランボワーズ添え

2014-08-032


シャトー・ペイラボン 1981(ポイヤック)と仔羊のもも肉の香草オーブン焼き
2014-08-03

伊藤オーナーシェフと岩田先生、素晴らしいマリアージュをご馳走さまでした。

DSC00700
 

 

うぉ~シェリー♪ どこに行けば~俺はたどり着けるだろ~♪
シェリーが好きでたまらない。というか酒精強化ワイン全般に目がない。

前に代々木上原にあるシェリーバー「ウェルファン カフェ」 に行き、マデイラワインの品揃え世界一という大塚「レアンドロ」の話をしたら、オーナー同士が親戚だったことを知り興奮したものです。

シェリーにはフィノ、マンサニージャ、アモンティリャード、オロロソなどの種類があり、私は食中酒としてマンサニージャとアモンティリャードを特に好んで飲んでいます。

※シェリーの種類について
フィノは「ティオ・ペペ」で知られる無色のドライシェリーでコシの強さと独特の風味が特徴。マンサニージャは、海寄りのサンルーカル・デ・バラメーダで造られるフィノタイプのシェリーで、酸味が強く、フィノよりフレッシュで繊細、潮の香りが特徴。アモンティリャードは琥珀色でナッツの風味を持つまろやかな味わいのシェリー。濃い色の料理全般、チーズに。オロロソは、豊かな香りと深いコクを持ち、煮込み料理などに合う。甘口に造られることも多い。辛口シェリーは全てパロミノというブドウ品種を使用。

最近は暑くなってきたので、程よい甘さのミディアムやクリームタイプのシェリーを、「ソーダストリーム(正規品!)」で作った炭酸水で割り、レモンをギュッと絞って、シェリーの炭酸割りをあれこれ試作する日々。どうもいまいちシェリー感が足りないと思って調べていたら、ここにマンサニーリャを足すといいらしい♪

さて、昨日のギア・ペニン試飲会でワインを飲んでいても、終始ソワソワ落ち着きませんでした。なぜなら、このラベルが視野に入ったからです!

DSC00534

エミリオ・ルスタウ
エミリオ・ルスタウ社は第一級シェリーを産する三角地帯、ヘレス・デ・ラ・フロンテラ、エル・プエルト・デ・サンタ・マリア、サンルーカル・バラメーダの三都市で、40アイテム以上のシェリーを造るシェリーメーカー。醸造家のマヌエル・ロサノは、ここ5年連続で、ロンドンインターナショナルワインチャレンジ(IWC)の酒精強化ワインの最優秀醸造家賞を受賞している。

ルスタウの凄さがわかる「マンサニージャ・パピルーサ」。なんて上品なドライシェリーなんでしょう。これを持って鮨屋に行きたい・・・。

DSC00538

と思っていたら、もっと鮨に最適なのがありました!春にだけ造られる限定シェリー「エン・ラマ」をルスタウも発売。「エン・ラマ」とは、濾過せず瓶詰めした生原酒ならぬ“生シェリー”。

《En Rama シリーズ》
左「フィノ ヘレス・デ・ラ・フロンテラ」
中央「フィノ デ・エル・プエルト・デ・サンタマリア」
右「マンサニージャ サンルカール・デ・バラメダ」
エン・ラマに限ってはフィノの方が個性があっていい。フロールのアロマ、ヨード香(海苔や磯っぽさ)が強くて舌触りもトロトロ。貝は勿論、炙った魚も合いそう。ほんのりビターでまろやかフルボディなヘレスのフィノには、ウニやイクラの海苔巻きを合わせてみたい。

DSC00537

左・VORS認定(30年以上熟成)のアモンテリャード
辛味、酸味、複雑味が一気に押し寄せる。かなり通向き、熟成チーズと。

右・リッチ オロロソ アニャーダ1997(甘口・パロミノ種)
ペドロヒメネス種の甘口があまり得意でないので、いつも同社がモスカテル種で造る甘口「エミリン」を買っていたけど、今日からこれにしよう。ミネラルが甘さを軽やかにさせ、透明感さえ感じる。

DSC00536

アイスクリームにかけたり、シガーのお供にはやっぱり、黒蜜や和三盆のコク、ビロードのような舌触りの「サン・エミリオ」(甘口・ペドロヒメネス種)がお薦めですよ。








 

7月4日、ハイアットリージェンシー東京で「ギア・ペニン・セレクション 東京」が開催されたので参加してきました。スペインワイン・ガイドブック『ギア・ペニン』 が、1万点を超す試飲を重ね、高品質なワインだけを集めた試飲会で、マドリッド、ニューヨーク、メキシコ、モスクワに続き、今回東京初の開催となりました。

『ギア・ペニン』
スペイン国内外問わず最も権威あるスペインワインのガイドブック。2015年で創刊25周年を迎える。10,200アイテム以上掲載。現在はスペイン語版のほか、英語版、ドイツ語版もあり、世界20カ国以上で流通しており、スペインワインの指標となっている。

2014-07-10
 
開催にあたり、ギア・ペニンの創設者で、ギア・ペニン名誉会長であるホセ・ペニン氏が来日し、テイスティングセミナーも行われました。

DSC00532

セミナーに出された“グランデス・パゴス・デ・エスパーニャ”(※)のワインたち。流石、ギア・ペニン高得点だけあり、濃厚な色調から思いもよらぬエレガントな味わいに、スペインワインの認識を改めました。
※パゴとはフランスの「クリュ」と同義語で、個性の際立ったワインを広めようするワイナリー団体のこと。

DSC00529

その後の試飲会では日本未輸入のワインも含め、26ワイナリー、計92アイテムのワインが出展。「ギア・ペニン2014」で90点以上獲得の高品質ワインや、コスパの高さを示す三ツ星以上のワインが並びました。

2014-07-041

どれも本当にハイレベルでしたが、やはり国際品種より土着品種のワインが光っていたように思います。リオハ「Ontanon」のテンプラニーリョとガルナッチャ・ティンタのブレンドは、しっかりとした骨格とバランスが見事。トロ「Elias Mora」の自根のティンタ・デ・トロは、ミネラル感と凝縮味、14.5%のアルコールを感じさせないクラシカルなワインに、トロという産地の奥深さを知りました。マンチュラ「Altolandon」のボバルやカベルネ・フランの単一品種も、たっぷりとした甘味があり、それでいて飽きさせない綺麗なワイン。ひと昔前のスペインワインのイメージのままでいたらビックリするかもしれません。



 

昨日、グランドプリンスホテル高輪で開催された「ブルゴーニュ・テロワール&シニアチュール試飲会」に行ってきました。50ものインポーターが出展し、600種類以上のブルゴーニュワインが並びました。

DSC00595

到着が遅れてしまい、すごい混雑の中、2時間ほど大急ぎで試飲して回りました。

バックヴィンテージもちらほら見かけましたが、ヴィンテージの大半が2011年と2012年。ブルゴーニュ白の評価は良い順に、2010年>2011年>2012年だと思いますが、ポール・ペルノは流石、ピュリニー村名でも2012年はよく出来ていました。

2010年のコート・ド・ボーヌ赤も良いですね、涼やかで愛らしい飲み頃ワインがいくつかありました。

2011年は自分が予想していた以上に赤白とも安定感があり、正直、見直しました。一級畑でもすでに飲めるものがあり、早くから楽しめるヴィンテージです。

2012年はやはり難しい年、価格と見合うものが少なかったように思います。それ以上に雹の被害が深刻な2013、2014年はどうなるのか心配です。

DSC00596

さて、私が試飲して印象的だったワインを独断と偏見で選んでみました。ジャド、ブシャール、シャンソン、ルイラトゥール、ヴェルジェなどの有名どころ以外で、今飲んで美味しい、5千円前後の2011年、2012年ワインに絞ってみました。

ジュヴレ・シャンベルタン レ・クレ2011/カミーユ・ジルー(BB&R)
ニュイ・サン・ジョルジュ レ・シャルモット2011/ジョルジュ・シコト(木下)
ショレ・レ・ボーヌ2011/ドメーヌ・パンシオ(サンティール)

サントネイ スー・ラ・ロッシュ2011/バシェ・ルグロ(オルヴォー)
サン・ロマン2012/ジャルマン P&F(HOSHO)
リュリィ レ・サン・ジャック2012/フランソワ・ダレン(フィラディス)

シャブリに関しては、今の流行なのか、残糖を感じるスタイルが多かったです。シャブリでは、やはりドルーアン・ヴォードンのモンマン2011とヴォーデジール2011が良かった。

フィネスさんのワイン飲みたかったのに、全部なくなっていて残念。テラヴェールさんは、ドメーヌ・ルーP&Fばかり20種類ほど出していたので一通り飲んでみたのですが、けして濃密でも華やかでもないのだけれど、飲み疲れないしみじみとした優しさにホッと癒され、ブルゴーニュの魅力を再確認したのでした。

DSC00598


 




 

東京ドイツワイン協会の恒例イベント「ドイツワインフェスト」の10回目を記念して、ドイツ連邦共和国大使館との共催による、第10回記念「ドイツワインフェスト」が先日大使館で開催されました。私も運営のお手伝いしてきましたよ。

DSC00366-001

DSC00374-001

DSC00387-001

 
私は京橋ワインバイヤーの上野さんと同じブースを担当させていただきました。

DSC00368-002 

 
ドイツで著名な評価本『ゴーミヨワイン年鑑』に選ばれた最優秀醸造所のワインが、辛口から甘口まで18種類並びましたが、どれも産地やブドウの特徴がよく現れた正統派でした。

DSC00385-001
 

エゴンミュラー
J.J.プリュム
フリッツ・ハーク
カルトホイザーホーフ
シューベルト
デンホフ
シェーファーフレーリッヒ
ロバート・ヴァイル
ライツ
マティアス・ミュラー
フーバ一
マイヤーネーケル
ルドルフ・フュルスト
ケラー
レープホルツ
ヴィットマン(今年初登場)

ドイツワインに合わせて、これまた王道の和食が用意されました。湯葉、刺身、厚揚げ豆腐、出汁巻き、焼き鶏、肉じゃがなど。

2014-06-03


エゴン・ミュラーのシャルツホーフベルガー・カビネット2011は流石。ロバート・ヴァイルのグレーフェンベルク・エアステス・ゲヴェックス2006は、かなり時間をかけて開き出し、バナナのような甘い芳香とねっとりとしたミネラルとアルコールが忘れられません。

けれど真夏なみに暑かったこの日は、今回初登場となるヴィットマンのショイレーベ・グーツヴァイン(辛口)2012のフレッシュな果実味とミネラル感がたまらなく美味しく感じられました。価格も手頃で一本クイクイいけちゃいそう。

DSC00381-001

DSC00379-001

今回は大使館での開催ということもあり、応募の当選倍率はなんと20倍だったそう!ドイツワイン愛好家は着実に増えていると実感しています。東京ドイツワイン協会の皆様、お疲れ様でした。


 

ちょっと前の出来事になりますが、銀座の某和食店でローヌ池田さんのワイン会がありました。興味深かったので忘れずに記録しておくことにします。

池田さんは料理との相性にうるさい方なので、いつも安心して参加させていただきます。今回も和食ということで、下記のワインを持ち込まれたのですが、ヴィンテージまで完璧。

DSC09741

上品な前菜に、まずはラヴノーのシャブリ 1er モンマン2002。ミネラルは旨味を引き立てる。

DSC09742

私も以前、鉄っぽいシャサーニュ白98を鮪に合わせましたが、シャーヴのエルミタージュ・ブラン1998も実によく合う。甘い焦げ感と塩辛いほどのミネラルは、まるで塩キャラメルを思わせる。今まで飲んだ同ワインの中でも、かなり好きなヴィンテージ。

DSC09744

和出汁を上品に煮含めたた白アスパラ、その頭と下の部分ではっきり相性ワインが分かれたことに、私と池田さんは驚き盛り上がった。こんなことで盛り上がれる人は他にいないので、今後ともよろしくお願いします。頭はもちろんエルミタージュ・ブラン。

DSC09745

ローヌの2000年はそれほど良くないけれど、この穏やかな味わいこそ和食に相応しい。
エルミタージュ ル・グレアル 2000(マルク・ソレル)

DSC09756

おまかせコースのメインは極厚霜降り黒毛和牛のすき焼き。霜降肉は一切れだけでギブアップ、肉汁がしみ込んだ新玉ねぎを担当していたら、「この後、玉ねぎ使うから残しといてね」と言われ出てきたのが・・・

DSC09753

「和風ハッシュドビーフ」

DSC09754

ちょうどその時、偶然にもお店に知り合いの方がいて、珍品を持ち込まれていたので、物々交換していただき、ハッシュドビーフとこれまたベスト・マリアージュ。ソノマのロキオリにロゼがあったとは!品種は勿論ピノ・ノワール。(昔のカリフォルニア旅行記はこちら)。フランスと違って甘辛い肉やスパイシーな料理に威力を発揮するカリフォルニアのロゼ。ワインは料理あってなんぼです。

DSC09758


 

※文末にお知らせがあります。

多種多様なリースリングの魅力と、愛好家の輪を広げる恒例イベント「第6回 Riesling Ring Tasting 2014」が、先週の金曜日パレスホテルで開催されたので、今年も張り切って参加してきました。

DSC_0539

今アメリカを中心にリースリングがブームですが、仕掛けたのは「Summer of Riesling」という活動の発起人であり、NYのワイン業界で有名なポール・グレコ氏で、来日された氏の熱いスピーチを聴きながら試飲しました。参加者の皆さんは「Summer of Riesling」のフェイク・タトゥーをされたり、例年以上に盛りあがったみたいです。

DSC_0540


各国から約200種類のリースリングが集結。ヴィンテージについて、2012は少し華奢で酸味が目立つ印象。アルザスワイン委員会のブースで特にそう感じました。ドイツも辛口の場合は、生産者を吟味する必要がありそうです。ゼルバッハ・オスターのQbA辛口2012(飯田)は2千円ほどですがよく出来ていました。

2011年はバランス良くまとまって今楽しめるものが多かったように思います。2010は長熟ワインが多く、2009年産がほの甘だったツィント・フンブレヒトのランゲン・ド・タン クロ・サン・ユルバンも、2010年産は力強い辛口に仕上がっていました。ドメーヌ・メルシオルのフランクシュタイン2010もすごいポテンシャル。

アンソニー・ロードや、ハーマン・J・ウィーマーなど、今年もGO-TO WINEのNY産ドライリースリングが話題を集めていました。Vin Gohanでもお世話になってるNZワイパラ・ヴァレーのペガサス・ベイ(ヴィレッジ・セラーズ輸入)はいつ飲んでも美味しいです。NZ産ではラック・コーポレーションのリッポン(セントラル・オタゴ)やピラミッドヴァレーヴィンヤード(マールボロ)も目を引きました。

DSC_0542

このイベントの第二部(一般の愛好家対象)人気投票で選ばれたワインが、2014年5月7日(水)~11日(日)三越伊勢丹で販売されるそうです。ドイツ・モーゼルの生産者アダムのオルツリースリング・ドローナー2012(ラシーヌ輸入)は人気ありそうだなと予想しています。

DSC_0543

<お知らせ>
第10回記念ドイツワインフェストが下記の通り開催されます。当日は私も注ぎ手としてお手伝いさせていただきます。今回は定員を越える応募が予想され、参加は抽選(発表は5月半ば)になるかもしれませんがご興味ある方は是非。

第10回記念ドイツワインフェスト
2014年5月31日(土) 14時~16時
場所:ドイツ大使館内
詳細、ご応募はこちら 
 

↑このページのトップヘ