カテゴリ: 食べ歩き・試飲会

こないだテレビ朝日から、すぐに会いたいとブログ経由で連絡がありました。

「カリスマブロガーでテレビ出演かよ、参ったぜ!」と舞い上がっていたら、なんてことはない、「看板のない隠れ家を教えてほしい」とのこと。いやんもぅ、その気にさせといてぇー。

club小羊、タワシタなど、2006~2007年頃看板のない隠れ家がブームでしたが、最近度々テレビで取り上げられているのを見ると、またきてるみたいですね。

そして先月、神泉から恵比寿に移転したここ、「リストランテ モリタ ダバッボ」もまた看板のないイタリアン。でもこの店のウリは隠れ家というよりも、全24種類に及ぶ少量多皿コース。

DSC00207-001

ワインも会話も腰を据えてしっかり楽しみたい派としては、普段行くことのないジャンルですが、来店した動機は、腕利きのシェフがこんな奇抜な新境地に挑んだことに好奇心を持ったからでした。

DSC00205-001

種類豊富に召し上がってもらいたいと言うシェフ。理科の実験みたく小難しいモダンスパニッシュとは違って、カルパッチョ、タリアータ、フリット、煮込み、パスタなど、馴染みのある料理が一口ずつ軽やかに楽しめます。

DSC00206-001

おかげで、この日ほどフランチャコルタ「カ・デル・ボスコ」が美味いと思ったことはなかった。こういう料理に合わせるなら泡に限ります。

DSC00210-001

DSC00209-001

中盤からランゲ ネッビオーロ2012に切り替えましたが、ハイトーンな若い赤の方が、ここでは意外に万能でビックリ。

DSC00219-001

DSC00217-001

鮨屋のように手元が見えるフラットなカウンター越しに、森田シェフの素顔と熱意に触れられ元気もらいました。

DSC00221-002

東京のレストランは個室の問い合わせが多いんですね。カウンター8席のほかに個室が4つもあるので、早くも有名人に人気らしい。二人でボトル2本開けて36,000円ぐらい。

リストランテ モリタ ダバッボ 
TEL 03-6303-2297
東京都渋谷区恵比寿南2-1-5 ES215ビル 6F


 

ちょっと前の出来事になりますが、銀座の某和食店でローヌ池田さんのワイン会がありました。興味深かったので忘れずに記録しておくことにします。

池田さんは料理との相性にうるさい方なので、いつも安心して参加させていただきます。今回も和食ということで、下記のワインを持ち込まれたのですが、ヴィンテージまで完璧。

DSC09741

上品な前菜に、まずはラヴノーのシャブリ 1er モンマン2002。ミネラルは旨味を引き立てる。

DSC09742

私も以前、鉄っぽいシャサーニュ白98を鮪に合わせましたが、シャーヴのエルミタージュ・ブラン1998も実によく合う。甘い焦げ感と塩辛いほどのミネラルは、まるで塩キャラメルを思わせる。今まで飲んだ同ワインの中でも、かなり好きなヴィンテージ。

DSC09744

和出汁を上品に煮含めたた白アスパラ、その頭と下の部分ではっきり相性ワインが分かれたことに、私と池田さんは驚き盛り上がった。こんなことで盛り上がれる人は他にいないので、今後ともよろしくお願いします。頭はもちろんエルミタージュ・ブラン。

DSC09745

ローヌの2000年はそれほど良くないけれど、この穏やかな味わいこそ和食に相応しい。
エルミタージュ ル・グレアル 2000(マルク・ソレル)

DSC09756

おまかせコースのメインは極厚霜降り黒毛和牛のすき焼き。霜降肉は一切れだけでギブアップ、肉汁がしみ込んだ新玉ねぎを担当していたら、「この後、玉ねぎ使うから残しといてね」と言われ出てきたのが・・・

DSC09753

「和風ハッシュドビーフ」

DSC09754

ちょうどその時、偶然にもお店に知り合いの方がいて、珍品を持ち込まれていたので、物々交換していただき、ハッシュドビーフとこれまたベスト・マリアージュ。ソノマのロキオリにロゼがあったとは!品種は勿論ピノ・ノワール。(昔のカリフォルニア旅行記はこちら)。フランスと違って甘辛い肉やスパイシーな料理に威力を発揮するカリフォルニアのロゼ。ワインは料理あってなんぼです。

DSC09758


 

三軒茶屋「赤鬼」

珍しく10歳下の男子と飲むことになり、ちょっと大人ぶって日本酒専門のシブい居酒屋へ連れて行った。ここは100種類以上の日本酒を取り揃える名店で、予約を取るのに一苦労。料理は正直普通ですが、珍味が充実しているので酒飲みには十分。

で、来てみてビックリ。ここの日本酒リストは生酒が主体だった。フルーティーで甘い香りの生酒はあまり得意でない私、アルコール度数高い原酒も最近は水割り・お湯割り、ロックで飲むことを覚えた。「遊穂」や「臥龍梅」など、中には好きなのもあるのだけど…。

伊達マスクをして屁理屈をいうおばちゃん一人を除けば、サービスも良く陽気な居酒屋。私も伊達マスクしたら強くなれそうな気がした。

ここでしか飲めない十四代のレアもの多数。しかも安い。最後は貴醸酒で締めた。

DSC09993

赤鬼
東京都世田谷区三軒茶屋2-15-3
TEL 03-3410-9918



三宿「金多楼 (きんたろう)」

池尻大橋駅から徒歩10分の住宅地にひっそり佇む、親子で握る小さな鮨屋。質の良いツマミと握りを良心的価格で提供する。一見客には若干落ち着かない昔カタギな大将も、鮨を握る頃には気さくな人柄が見えてきて、また次も大事に通ってみたくなる。誤って画像を削除したけれど、おぼろをかませた小肌が絶品。

金多楼 (きんたろう)
TEL 03-3413-4339
東京都世田谷区三宿2-11-35 

※文末にお知らせがあります。

多種多様なリースリングの魅力と、愛好家の輪を広げる恒例イベント「第6回 Riesling Ring Tasting 2014」が、先週の金曜日パレスホテルで開催されたので、今年も張り切って参加してきました。

DSC_0539

今アメリカを中心にリースリングがブームですが、仕掛けたのは「Summer of Riesling」という活動の発起人であり、NYのワイン業界で有名なポール・グレコ氏で、来日された氏の熱いスピーチを聴きながら試飲しました。参加者の皆さんは「Summer of Riesling」のフェイク・タトゥーをされたり、例年以上に盛りあがったみたいです。

DSC_0540


各国から約200種類のリースリングが集結。ヴィンテージについて、2012は少し華奢で酸味が目立つ印象。アルザスワイン委員会のブースで特にそう感じました。ドイツも辛口の場合は、生産者を吟味する必要がありそうです。ゼルバッハ・オスターのQbA辛口2012(飯田)は2千円ほどですがよく出来ていました。

2011年はバランス良くまとまって今楽しめるものが多かったように思います。2010は長熟ワインが多く、2009年産がほの甘だったツィント・フンブレヒトのランゲン・ド・タン クロ・サン・ユルバンも、2010年産は力強い辛口に仕上がっていました。ドメーヌ・メルシオルのフランクシュタイン2010もすごいポテンシャル。

アンソニー・ロードや、ハーマン・J・ウィーマーなど、今年もGO-TO WINEのNY産ドライリースリングが話題を集めていました。Vin Gohanでもお世話になってるNZワイパラ・ヴァレーのペガサス・ベイ(ヴィレッジ・セラーズ輸入)はいつ飲んでも美味しいです。NZ産ではラック・コーポレーションのリッポン(セントラル・オタゴ)やピラミッドヴァレーヴィンヤード(マールボロ)も目を引きました。

DSC_0542

このイベントの第二部(一般の愛好家対象)人気投票で選ばれたワインが、2014年5月7日(水)~11日(日)三越伊勢丹で販売されるそうです。ドイツ・モーゼルの生産者アダムのオルツリースリング・ドローナー2012(ラシーヌ輸入)は人気ありそうだなと予想しています。

DSC_0543

<お知らせ>
第10回記念ドイツワインフェストが下記の通り開催されます。当日は私も注ぎ手としてお手伝いさせていただきます。今回は定員を越える応募が予想され、参加は抽選(発表は5月半ば)になるかもしれませんがご興味ある方は是非。

第10回記念ドイツワインフェスト
2014年5月31日(土) 14時~16時
場所:ドイツ大使館内
詳細、ご応募はこちら 
 

今月開催のVin Gohanで、五反田のビストロ「ボノミー」を会場に使わせていただくのですが、その姉妹店であるワインバー「エシェゾー」が、長い休業を経て、2013年末、ワインバー「オ・コントワール・エシェゾー」としてリニューアルオープンしました。

DSC09801

“「五反田でちょっといいワイン」がコンセプトで、フランスワインを中心に約600種を新価格で提供” と聞いてすぐに飛んで行こうとしたのですが、スタンディングバーと聞いてオバチャンは今まで尻ごみしていました。

ところが先日、近くまで行く用事があったので覗いてみたら、あるじゃないですかイスが! 

DSC09798

聞けば、スタンディングはお客さんに不評ですぐにイスを設置したのだそう。でしょうねぇ、美味しいワインは座って飲みたいもん。広い店内にはワイン樽のテーブルがゆったりと配置され、照明も落ち着いていて、立ち飲みにはちょっと贅沢過ぎますって。

この日はヴォルネイ 2009 / ジャン・クロード・ボワセをグラスで2杯注文(グラス赤白各5種類、1,000円前後)。気の利いたツマミもあるし、OLなら仕事帰りしょっちゅう来ちゃうな。

DSC09800

そうそう昨年末、Vin Gohanの忘年会をさせていただき、参加者の皆さんに好評だった学芸大学「イグレック」 は閉店し、シェフとソムリエは広尾「アッカ」の跡地に今年3月オープンした「ポンテ・デル・ピアット」にいらっしゃるようです。イグレックを気に入っておられた方から問い合わせがあったのでお知らせしておきます。

オ・コントワール・エシェゾー
東京都品川区西五反田1-4-4 B1F
tel 03-5435-9979

ポンテ・デル・ピアット
東京都渋谷区広尾5-19-7
tel 03-3473-0707

↑このページのトップヘ