昨日、全国女子駅伝が開催されましたが、あの雪の京都に私はいました。
日本海側を襲った寒波の影響とはいえ、本気出したら京都はどんだけ寒いか、イヤというほど思い知らされました。東京も風が冷たくて、雪も降りますが、京都の寒さの比ではありません。

京都から大阪に帰る車中より撮影。京都市は積雪14cm。

image


阪急電鉄で小一時間、大阪に帰ると雪の気配は全然なく、穏やかに晴れていました。大阪は殆ど雪は降らないし、東京や京都に比べれば冬は過ごしやすいです。夏の暑さを我慢したご褒美。

昨日の京都と大阪の気温差を分かりやすくいうと、暖房を入れていないマンションの室内が冷蔵庫と野菜室ぐらい違う。

老後、どっちに住むべきか真剣に考えてしまいましたね。


そんな雪がちらつき始めた一昨夜、リピートしたい割烹はたくさんあったのだけど、どこも満席だったので、中華で気になってた祇園「蓮香」に行って来ました。

お店のHP見てください。靴を脱いで寛げる、この贅沢なカウンターを二組だけで貸し切り状態。東京からのお客が雪でキャンセルになったのだそう。雪の庭を眺めながら、まったり中華とワイン、なんとも贅沢な夜でした。

image


赤坂離宮や香港で修行され、3年前にここを任された28歳の廣澤シェフ。素材の旨味を引き出した滋味深い出汁をベースに、繊細で本格的な広東料理がいただけます。

金華ハムの一番だし

image


泣けてくるほどしみじみ美味い釜焼きチャーシュー。ここの料理は、紹興酒よりむしろブルゴーニュワインに合う感じ。京都の中華は独特らしいので、いつか名店は一通り回ってみたい。

image


ここの出汁、本当に深イイ。ぐじの蒸し煮を長ネギとスープで絡めて、この日一番食べたかった京都らしい熱々の一皿。

image


スッポンとクワイのスープ。広東料理ですねぇ。

image


揚ホタテ貝柱にXO醤のふりかけ。さらに上のコースだと、ホタテがフグになるみたい。

image


春菊の炒め

image


鴨肉のハンバーグ、豆豉入りのアジアンなソースで

image


海老ワンタン麺で身も心もほっかほか

image


ビール、紹興酒、ワインを調子に乗って注文したもんだから、お会計で酔いが覚めました。さすが祇園、財布の寒さもハンパない(笑)

ランチもやってるそうです。