季節はずれの寒波に見舞われた先週の日曜日、徳島県の「グランドエクシブ鳴門」で弟の結婚式がありました。新婦の出身地が徳島県なので、瀬戸内海を一望できるこのホテルを選んだそうですが、偶然にも一年前、私たちは家族でここに泊まりに来ており、まさかこんな日が来ようとは夢にも思っていませんでした。

DSC09973

当日は朝から雨模様でしたが、式が始まる頃には二人の門出を祝福するかのように、青い空と瀬戸内海の絶景が目の前に広がりました。

DSC09838

私より二つ下である40歳の弟は、29歳の若い嫁さんをもらいました。なんという幸せ者!

DSC09876

DSC09883

DSC09887-001

二人のアイデアと真心のこもった温かい披露宴に、いろんな事を教えられた気がしました。

DSC09905

この翌々日、新婦の大好きなおばあちゃんの誕生日だったので、こんなサプライズも飛び出しました。

DSC09944

EXIVのウエディングは料理も良かった。オマール海老、フォアグラ、鮑、黒毛和牛など、シャンパンとワインも進みました。

2014-04-09

さて、結婚式のちょうど一ヶ月前にウクレレを購入し、猛練習でこの日に臨んだゆりブーは、「あまりに無謀過ぎる!」という先生の忠告を無視し、ウクレレをかついで披露宴会場に乗り込みました。

先生の言う通り、実力の半分しか出しきれなかったものの、ソロ2曲を何とか無事弾き終えました。そしてメインに用意していた難しいソロ曲「卒業写真」を急きょ、長渕剛の「乾杯」弾き語りに変更したのですが、な、なんと!歌い出しから、自分の歌に号泣するという目も当てられない事態に!ポロンポロン弾きながら号泣する痛々しい姿に、周囲の涙を誘ったようで、何とも消化不良なデビューとなりました。

前日の打ち合わせ通り、父から「アンコールッ!」のかけ声が上がり、即興でウクレレ漫談までやる図太い神経に、ジャズのベーシストをやってた弟の友達が「姉ちゃんほんま凄い度胸やけど何者!?」と言ってたらしい。あっしは、ただの通りすがりのウクレレ侍です。

泣き笑いのウクレレ漫談でご満悦のゆりブー(身内にしかウケてなかったらしい)。
34073

1398640337506

結婚式の数日前から、姉にまとわりついていた幼少期の弟の幻影が離れませんでした。数年前から弟とよく意見の衝突というか、少し距離を置く関係が何年も続き、ちょっと冷めた兄弟だった気がします。でも結婚するにあたり弟はすごく成長しました。それが嬉しくもあり寂しくもあり、涙の理由かもしれません。

DSC09898-001

しめっぽくなったので、最後に華やかな画像で締め括りたいと思います。徳島県では、結婚式の前日に衣装を着替えて撮影する「前撮り」という風習があるそうです。100枚近く撮影した中から数枚選ばせていただきました。若いし背もあるからドレスがよく映えます。

20936

ステラ・デ・リベロの斬新なドレス。いいアングルです。

20935-001

最初は照れていた弟も・・・

20933

最後はもうノリノリ!

20939

いつまでも仲良く幸せになってください。

9311-001





吉田 ゆり
ワインの守護聖人・サンヴァンサンの日(1月22日)に生まれたことから、勝手に使命感を持ち活動しているワイン&料理研究家。フードライター、ワインコラムニスト、レシピ制作ほか。日本ソムリエ協会 ワインエキスパート。

2014年秋、20年住んだ東京から出身地・大阪に移住。 2016年夏、京都にも住まいを構え、大阪と京都の往復生活スタート。 現在は執筆業を辞め、株式投資、自家菜園、水泳、ウクレレなどに熱中、気楽な生活を送っている。
新しいブログ始めました!毎日更新「吉田ゆりの毎日」も是非どうぞ! image

《これまでの活動》
・ソムリエ&料理人として渋谷でワインサロン運営(2011~2013年)
・YOMIURI ONLINE (読売新聞)コラム『三度の飯にワイン』連載(2013年3月まで)。
・ワイン&料理相性研究「Vin Gohan(ヴァンごはん)」主宰。「Vin Gohan(ヴァンごはん)」とは、“Vin=ワイン”,“Gohan=料理”からなる造語で、ワイン会、イベントを通してワインと料理との相性を研究(2014年9月で開催数75回)。


※facebookの友達承認は直接接点のある方限定にさせていただいておりますので、それ以外の方はすいませんがフォローしていただけましたら幸いです。
尚、事情によりFBメッセンジャーを使用しておりませんので、ご用の方はお手数ですがメールまたはブログへメッセージくださいますようお願い申し上げます。
 
メールアドレス→ maido00kini.yuri*gmail.com 
(*を@に変えて送信してください)。


↑このページのトップヘ